04koho001wr

記事一覧(9)

「シナリオライター賞」 大賞、優秀賞の3作品が決定 大賞は若い男女のピュアな恋愛をまっすぐに描いた29歳の作品 『1ページの恋』

 株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、次世代の才能を発掘することを目的として「NEXT CREATOR'S COMPETITION」第1弾「シナリオライター賞」を開催し、このたび大賞1作品と、優秀賞2作品を決定いたしました。 「NEXT CREATOR'S COMPETITION」は「AbemaTV」が次世代の才能を発掘することを目的として2017年7月27日(木)より開催したもので、「AbemaTV」での番組放送や作品化を前提として、これをきっかけに若い世代の才能ある人材を発掘し、広く表現、発表する場を提供することを目指しています。今回はその第1弾「シナリオライター賞」として、脚本家に焦点をあて、オリジナルドラマの脚本を募集いたしました。 募集テーマは「AbemaTV」の視聴ターゲットの中心でもある「10代~20代の若い女性を熱狂させる恋愛ドラマ」とし、実際に、受賞作品は「AbemaTV」のオリジナルドラマとして放送を予定しているほか、賞金として大賞には500万円、優秀賞には100万円が贈られます。今回、応募いただいた約600作品の中から「NEXT CREATOR'S COMPETITION」大賞を受賞したのは、山下すばるさんによる青春恋愛群像劇『1ページの恋』です。毎年夏にだけ田舎の島で会う少年に恋をした、絵を描くのが好きな少女。大人になってから再会した二人を中心とした恋愛模様を描いた作品で、各審査員から、ピュアでまっすぐな恋愛模様がみずみずしく描かれていると評価され、今回の大賞受賞となりました。優秀賞1作品目は、森藤英敏さんによる、“ヒモ”になってしまったポンコツで最強に可愛い彼氏と私の「再起動」ラブコメディ『こんなにかわいいヒモがいるなんて。』 、2作品目は小田康平さんによる、売れない中華料理店の娘が、お金持ち動画配信者の嘘に巻き込まれて婚約者になってしまうというラブストーリー『バブルスバズルズ』となりました。今回大賞を受賞した『1ページの恋』は、「AbemaTV」のオリジナルドラマとして放送をすることが決定しております。「AbemaTV」は2016年4月に開局し、オリジナルの生放送コンテンツやニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供しています。2018年4月に2周年を迎え、 「AbemaTV」ならではの世の中の話題を集めるようなオリジナル番組づくりにも積極的に取り組み、2年間で10代から30代の若者を中心に利用者を急速に伸ばし、多くの方に様々な番組をお楽しみいただいています。今後も若いクリエイターが持つ独自の感性でインターネットテレビ局という新しいフィールドにおいて、既存のメディアでは表現しきれかなかった斬新なテーマや尖った切り口など新しい視点での作品が生まれるような機会や、新しい才能の輩出に繋がる試みを行ってまいります。■審査員からのコメント●株式会社AbemaTV 代表取締役社長 藤田晋 (株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長)今回、「NEXT CREATOR'S COMPETITION」では「10~20代の女性を熱狂させる恋愛ドラマ」をテーマに脚本を募集しました。いつの時代も、若者たちを熱狂させ、世の中に旋風を巻き起こすドラマ作品があり、そんなオリジナルドラマを「AbemaTV」でも生み出したいと開催しましたが、狙い通り今後活躍しそうな20代の脚本家を発掘できたのではないかと思っています。『1ページの恋』はどストレートに恋愛模様を描いた青春群像劇で、恋愛をしている若者を応援する内容で、すぐにでもドラマ化したいと思いました。「AbemaTV」で放送するまでには多少時間がかかってしまいそうですが、確実に形にしたいと思っています。今回審査させていただいた応募作品はどれもオリジナリティにあふれ、まだまだ粗削りな部分はありつつも、ここから大化けする若いクリエイターの作品と多く出会うことができました。今後も未来を担う若いクリエイターとドラマやコンテンツを生み出していく試みを「AbemaTV」では行っていきたいと考えています。●脚本家・監督・俳優 宅間孝行応募作の最終は素敵な作品が沢山ありましたが、今回のテーマに沿う形ですと、てらいなく純愛を描こうとしている『1ページの恋』に大変そそられました。大賞イコールドラマ化という事で、これから推敲しブラッシュアップしうる可能性も重視し、大賞として選びました。『こんなにかわいいヒモがいるなんて』は、展開で見せるのも勿論ありですが、毎日10分とか、毎週30分とかの俳優の個性にひたすらスポットを当てる「やっぱり猫が好き」のような、延々可愛いペットに癒される企画に近い魅力を感じました。『バブルスバブルズ』に関しては、僕はこの作品の主人公にきちんと人生を背負わせてるキャラ作りが大好きで、設定も突飛ながらも今ならありそうなリアリズムもあって、純粋に見てみたい作品だと思いました。恋愛ドラマよりは人間ドラマになりそうなそんな深みも持たせられそうな予感を感じました。●脚本家  吉田恵里香募集テーマである「10代~20代の若い女性を熱狂させる恋愛ドラマ」という切り口を最初聞いた時は、間口が狭いテーマだなと感じましたが、応募された作品を読むにつれ、10代、20代に向けたメッセージや方向性は人それぞれいろいろあって、違うんだなと興味深く思いました。『1ページの恋』は、エッジがたっていたり、設定が変わっているというわけではなく、まっすぐに恋愛を描いているみずみずしさと、真正面から男女の恋愛を描いているフレッシュさを感じました。他のドラマでなかなかできないことだと思うので、そこもすごいなと思います。『バブルスバブルズ』は、登場する男の子の中で誰とくっつくかわからないワクワク感がとてもいいなと思いました。主人公がどう成長していくんだろう?と期待して見たくなる作品でした。●映画監督 山戸結希審査に関わり、今回の「NEXT CREATOR'S COMPETITION」は、新人脚本家の登竜門として、これ以上ない挑戦的な取り組みだと感じました。集められた応募作のレベルも大変高く、審査の過程で、どの作品を読むのも楽しくて、それぞれの作品の映像化を、心待ちにしています。グランプリを獲られた『1ページの恋』には、圧倒的な才能を感じました。フリーハンドの美しさと同時に、職人的な精密さもあり、脚本そのもののセンスが光る応募作でした。どの男の子と最終的に結ばれるのか、冒頭から既にわかるドラマや映画作品も多い中、全くわからない配置されたキャラクターも、AbemaTVさんでしか作れないドラマとして、魅力的でした。女性の自己実現要素がしっかりと入っているのも、ご自身と向き合って書かれていることが伝わってきました。『こんなにかわいいヒモがいるなんて』、本当に素晴らしい作品でした。タイトルにインパクトがあり、一番最初に目をひく工夫。そして、キャッチーなタイトルに編み込まれた深い愛があり、瞬間だけではない強さを持っている作品だと考えさせられました。視聴者にとっての悦楽が、作品のもっている社会的意義と結びついているのことも、きっとドラマでしかできない試みに対して意識的な方なのだろうと、感動しました。●脚本家  井上聖司審査員全員で、議論の時間が足りないぐらいしっかり議論したうえで選ばれた作品なので、いい作品が選べたと思います。このようなコンペが増え、今後もおもしろい作品が若手から生み出されていけばいいなと思いました。『1ページの恋』は、王道っぽい雰囲気を残しつつ作品の最後に誰と恋するかわからない部分がよかったなと思いました。『こんなにかわいいヒモがいるなんて』は、視聴者の年齢層が少し上になるかなと思いましたが、それをさしひいても作品のおもしろさが勝っていました。一番キャッチーだなと感じ、脚本を書いている方が男性だったのでそこにも興味がわいた作品です。『バブルスバブルズ』は、一番総合点は高いなと感じて、個人的には1番推した作品です。他の応募作品に比べて一番分かりやすくまとまっていましたが、もう1歩、今の設定にひねりや、更にキャッチーな部分が加われば大賞もあったかなと感じました。●放送作家 鈴木おさむ『1ページの恋』は若い男女の恋愛群像劇をすごく丁寧に描いている作品で、地上波だと若者の群像劇を描くチャンスや勇気があまりない中、「AbemaTV」でそこを丁寧に描けるのはいいなと思いました。1話を15分や30分にするなど、放送時間の尺の工夫など、色々な展開ややり方も踏まえて、「AbemaTV」にとって新しいものができるのではないかという期待も込めて選びました。『こんなにかわいいヒモがいるなんて』は、個人的に一番好きな作品です。”ヒモ”である男の子がヒモなのに毎回助けてくれるという視点を変えたヒーローものだなと感じました。女の子も毎回助けられることを通して変わっていくという、ありそうな展開なのに一味も二味も違い、女性があこがれるような恋模様を描いているなと。男性が書いた脚本ということで、意外と淡くないところも好きで、楽しく読ませてもらいました。■「NEXT CREATOR'S COMPETITION」 受賞作品 概要<大賞>『1ページの恋』 山下すばる(29歳・女性)毎年夏にだけ田舎の島で会える男の子に恋をした、絵を描くのが好きな女の子・あかり。大人になって再会した彼は別人のようだった。2人を中心に幼なじみや親友も巻き込んだピュアな恋愛模様をみずみずしく描く、青春恋愛群像劇。<優秀賞>『こんなにかわいいヒモがいるなんて。』 森藤英敏(28歳・男性)完璧なはずの彼氏が突然無職に!家なし金なし…そしてまさかの同棲!?生きる事につまずいてしまった彼氏は再び前を向いて歩くことができるのか!?ちょっとポンコツで最強に可愛い彼氏と私の「再起動」ラブコメディ!『バブルスバズルズ』 小田康平(23歳・男性)売れない中華料理店の娘が、お金持ち動画配信者の嘘に巻き込まれて婚約者に!?信念を貫くために嘘をつかずに生きてきた女子大生と、信念を貫くために嘘をついて生きてきた男子大学生たちのラブストーリー。

インターネットテレビ局「AbemaTV」がオリジナルドラマの脚本を募集 次世代の若い才能を発掘する「NEXT CREATOR'S COMPETITION」を開催決定

大賞作品は2018年に「AbemaTV」のオリジナルドラマとして放送株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、次世代の才能を発掘することを目的として「NEXT CREATOR'S COMPETITION」を開催し、2017年7月27日(木)より、オリジナルドラマの脚本募集を開始することを決定いたしました。このたび開催が決定した「NEXT CREATOR'S COMPETITION」は、「AbemaTV」が次世代の才能を発掘することを目的として開催するもので、「AbemaTV」での番組放送や作品化を前提として、これをきっかけに若い世代の才能ある人材を発掘し、広く表現、発表する場を提供することを目指しています。今回はその第1弾「シナリオライター賞」として、脚本家に焦点をあて、オリジナルドラマの脚本を募集いたします。募集テーマは「10代~20代の若い女性を熱狂させる恋愛ドラマ」で、「AbemaTV」の視聴ターゲットの中心でもある若年層の女性の心に刺さるオリジナルドラマ作品を生み出すことを目指しています。実際に、受賞作品は「AbemaTV」のオリジナルドラマとして2018年中の放送を予定してるほか、賞金として大賞には500万円、優秀賞には100万円が贈られます。なお、応募条件は、プロの脚本家を目指している方とし、1次審査応募にあたっては、作品企画書・作品情報とあらすじ、A4用紙でのプロット10枚のみで可能で、既存のコンクールや脚本賞と比較して、作品応募のハードルが非常に低いことが特徴となります。今回の「NEXT CREATOR'S COMPETITION」では、審査員として、テレビドラマ「花より男子」シリーズ、映画『花より男子F』の脚本家で映画監督の宅間孝行さんをはじめ、10代の衝動を赤裸々に描いた映画『溺れるナイフ』を監督した、映画監督の山戸結希さん、映画『ヒロイン失格』の脚本家 吉田恵里香さん、処女作がフジテレビヤングシナリオ大賞佳作を受賞、テレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」を共同脚本として手がけた脚本家 井上聖司さんなど、キャリアのあるベテラン脚本家の方から新進気鋭の若手のクリエイターまで多彩な審査員陣が審査に参加いたします。また、35歳以下の方を応募の対象としており、若者独自の感性でインターネットテレビ局という新しいフィールドにおいて、既存のメディアでは表現しきれかなかった斬新なテーマや尖った切り口など新しい視点での作品が生まれると共に、新しい才能の輩出にも繋がることを期待しています。「AbemaTV」では、現在、バラエティを中心にオリジナル番組を制作、放送していますが、2017年8月以降、バラエティに加えてオリジナルドラマも積極的に制作していくことが決定しており、続々と発表を予定しています。今後も、「AbemaTV」では、多くの方に楽しんでいただける番組ラインナップやコンテンツの拡充を行うと共に、「AbemaTV」ならではの魅力的な番組づくりを行ってまいります。■「NEXT CREATOR'S COMPETITION」 ~シナリオライター賞~ 開催概要<スケジュール>1次審査 9月上旬から順次開始2次審査 9月下旬〜10月下旬最終審査  10月下旬〜11月上旬大賞発表  11月上旬※応募数、作品内容により、スケジュールは変動することがございます。また、大賞及び佳作の最終発表以外は、審査通過につきましては運営事務局より、個別のご連絡とさせていただきます。<1次募集期間>2017年7月27日(木)~9月15日(金)24時まで<募集テーマ>10〜20代の女性を熱狂させる恋愛ドラマ   ※8話程度の連続ドラマを想定<1次審査応募方法>専用のエントリーフォームから必要事項を記載の上、以下4点の応募データを添付しご応募ください。① 作品企画書 (A4サイズ 1枚)② あらすじ (A4サイズ 1枚800文字以内)③ 作品情報 (A4サイズ 2枚)④ プロット (A4サイズ 10枚><応募資格>・年齢35歳以下(2018年3月31日時点)・プロの脚本家を目指している方・大賞及び優秀賞を受賞した場合、「AbemaTVオリジナルドラマ」としての脚本開発にご参加可能な方<賞金・受賞特典> ・大賞(1名)  賞金 500万円、2018年度内に「AbemaTV」オリジナルドラマにて映像化予定・優秀賞(数名)  賞金 100万円※優秀賞の受賞人数は応募状況により変動する可能性があります。※受賞された場合は、企画開発会議への参加やリサーチ、脚本制作などにも全面的に参加協力いただきますので、その旨をご了承いただいた上でご応募ください。<審査委員>・委員長: 株式会社AbemaTV 代表取締役社長 藤田晋 (株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長)・客員審査委員:  脚本家・監督・俳優  宅間孝行 (テレビドラマ「花より男子」シリーズ(脚本))  映画監督 山戸結希 (映画『溺れるナイフ』)  脚本家 吉田恵里香 (映画『ヒロイン失格』)  脚本家 井上聖司  (テレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」)  放送作家  鈴木おさむ・選考委員  AbemaTVプロデューサー陣